Feb 142012
 

SRC1

They have vacancies at Agoda on Wednesday and Thursday nights, September 19-21, 2012. The rates are S$224 per night excluding taxes and service charges with free cancellation. Rooms from Friday through Sunday do not seem to be on sale, though.

SRC is located along the track, very close to Turn 9! Too bad you have to leave the hotel before P1 on Friday.

  4 Responses to “The Residence at Singapore Recreation Club”

  1. 筆者 様

     この様な、こぢんまりした感じのホテル(レジデンスタイプ)は感じが良いですね。ホテルの後は公園の様に見えますが、これもPark Viewとしては眺めが良いのでしょうね。

    Jim,

  2. ホテルの背後に見えているのはPadang(クリケットとかのスポーツやコンサートなどのイベントに使われるフィールド)です。よくおわかりですね。パークビューの方はPadangの背後に金融街の夜景が見渡せます。20世紀初めに建築された由緒ある建物だそうですが、2008年シンガポールGP初開催の年に客室が3階部分にできたそうです。僅か26室しかないこじんまりしたホテルです。

    サーキットは左後方のStamford RdからT9を左に曲がり、右手のSt. Andrews Rdを逆走します。通りを挟んで向かい側にスイソテルがあります。残念ながら金曜〜日曜のシンガポールGP開催期間は一般に公開されていないみたいです。それでも木曜は予約が取れるので、金曜にチェックアウトしてから荷物を人質代わりにして、粘れば練習走行が見れるのではないかと淡い期待を抱いています。

    • 筆者 様

       写真を拝見して直感的に感じました。勿論、山勘100%ではなく、大凡、この様なデザインのホテルを建てる設計者は、日本で言う所の「借景」的な手法でガーデン配置を(他人の庭でも<笑>)巧みに行うであろうから、多分この様な広々とした空間でのホテルデザインの演出からして、この風景でホテルの後にビルが無いと言う事は、多分、公園かガーデンだろうとなーとGuessして見た訳です。

       ヨーロッパ系の国々の人々の支配の歴史をかいくぐりその下で、他国の文化や芸術(建築方法も含む)を消化し自国の中に取り込んだ国は何処かしらヨーロッパのエッセンスが散見されます。遠くブラジルに、お仕事で何度か長期滞在した経験でも、街の造り個人のお店の造り、ちょっとした、ローカルな古いホテルの造りも、やはりヨーロッパのエッセンスを感じます。この様な可愛い大きさのホテルは、この様な景色や緑の綺麗な高原の、なだらかな斜面の所に立っていると建物の「存在感」がぐっと増しますね。

       大きなホテルの現代的な綺麗さも確かに良いのですが、この様なこぢんまりしたホテルの「建物の大きさではない」余裕と風格を見ると、これもまた良いものですね。ホテル内部が見てみたくなりました。一世紀を経たこの「こぢんまり」ホテル内部、筆者様がお泊まりになられるなら、勝手なお願いで恐縮では御座いますが、是非、内部探訪写真とホテルロビーからのクリケット・ガーデンの眺望写真のアップを、その時期になったらお願い致します。

      Jim,

      • 筆者 様

         このホテルのwebにアクセスしましたら、クリケット上の方からの眺めを見る事が出来ることが分かりました。シンガポール人の友人が、webページを教えてくれましたので、ラッキーな事にwebでこのホテルの概要が分かりました。

        Jim,

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.